【夢日記〜リコネクション®は僕にとって特別!?】


(2017年7月18日3:15分)

夢を見た。

しかも、とてもリアルで体感の強い夢であった。昨日寝たのは海の日で、僕は、家やコンピュータ内の大掃除を丸1日済ませて、入浴し、宅急便屋さんが来て荷物を受け取り、バタンQで、床に就いた。

起きたら夜中の3:15分だから、丸12時間は寝ていた事になる。この暑さで、余程疲れていたのも、影響してはいるだろう。

このところ、日記、Blog、の類いを書いてい無くて、随分と久しい。

3月位から、コンピュータやiPhoneの調子が悪いので、データの整理に時間を要したり、此れ迄のホームページのレイアウトが、サーバー会社のサービスの変更等で、壊れ始めた事や、リコネクションとリコネクティブ・ヒーリング以外のメニューを新しいホームページへ移植し終わったのが6月下旬であったりと、環境が整うまで、半年も時間を要した事はあるが、正直、あまり書く気になれ無い自分がいたのも事実ではある。

SEO対策くで、順位を上げる為に、シコシコと、Blogを書くのも、正直、気が向か無い。此れ迄、Blogは、書きたいから書くと、自分に正直に書いて来た。

前置きが、長くなった。本題に入ろう。

「夢の中のお話し」である。

ここ、最近「夢日記」を書く程の内容も無いのでと、そう言う夢は、起きても、殆ど「揮発」してしまう(笑)

今回の夢は、とても、印象的だったので、忘れ無い様に記す。


《ここからは夢の中のお話》

何処の街である。多分、日本の普通の街であるが、其処から、少し離れた郊外の施設の様な場所である。入口を、パラパラと、それ程多く無い人数の人達が入ってゆく。僕も、その中の一人の様である。

入ると踊り場はそれ程広くは無く、階段を上って、と或る部屋へ入ってゆく。

すると「リコネクション」の著者でセミナーで世界中を廻っているエリック・パール博士が、何故か居る。

セミナーと云うより、十数人の少人数で、実験を兼ねた練習会の様なもので、

プラクティショナー(施術者)に、色々と指導をしている。

突然「そこの君、此方へおいでよ」とエリック博士に言われて、部屋の入口付近で、ボ〜と観ていた僕は、エリック博士の居る部屋の奥へと、歩いてゆく。

エリック博士の背面には、窓があり、窓の外には、平な平原と云うか、野畑みたいな風景が広がっている。

外は、夕方頃に、入ったのだが、全然、暗くなっておらず、外の光に溢れていたのも不思議だと、起きてから感じた。

エリック博士に「君の手を出してくれるかな?」と云われて「はいどうぞ!」と手を差し伸べる。

すると、エリック博士の手から(全体からと云うのが相応しいだろうか)、ブワッ!と、もの凄いヴァイブレーションが僕の手と云うより、やはり、身体全体に、まるで、カミナリに撃たれた様に、ドカン!と浴びる様に、伝わって来たので、久しぶりに驚いた。夢の中なのに、体感がもの凄いのにも起きた時に再度、驚いたのですが。

エリック博士は「これは、僕のエネルギーでは無いのは解っているよね?君は」と微笑まれたので、僕は、咄嗟に「ええ、宇宙の叡智と云うか、ハイヤー・ビーイングですよね??」と思わず、口に出して、切り返してしまった。

エリック博士は、僕の眼を見てニヤリと微笑んだ。

続け様に「では、君、此方へきて!」と

部屋を出て、上の階の同じ様な部屋へ

案内された。因みに部屋の広さは、中学や高校の教室1個分程と云う感じである。

部屋へ促されると、1台のマッサージベッドに、若い男性が仰向けになって横になっている。

エリック博士は「では、君、リコネクションのラインを引いてみて」と云われ、

何時もの様に、手をかざして、その青年に、アクシオトーナル・ライン(経絡的なライン)に沿って、ラインを引いてゆく。

ベッドの上の青年は、激しく、身を反らしたり、色々な、不随意運動的な動きをしている。

僕は、何時もの事ながら、それをウットリとした様子で、眺めながら、施術を終える。

エリック博士は「うん!OK!よく出来ているよ」と言って、階下の部屋へ戻ってしまう。

僕は、その青年に「どうでしたか?」「何か感じましたか?」と、

感想や、感じた事を訊いている。

青年曰く「何だか、キーンと云うかギーンと、ずーっと、金属音みたいなのが、鳴っていたんですが、聴こえませんでしたか?」と言う。

僕は「いや、全然、聴こえませんでしたよ」と答える。

青年は「おかしいな、凄い、音量だったのに」と答える。

青年は、マッサージベッドから、降りて、僕と一緒に、別の部屋で他の人達が施術をしているのを、ひとしきり、見学して、エリック博士の居る部屋へ戻る。

すると、リコネクションの顔見知りの友人に、半年振りに再会する。

友人は「千葉さんも来ていたんですね?」と云うので、僕は「まあ、よく解らないんだけれども、成り行きで、こうなっただけなんだけれどもね。君こそ、何処で聞いてこんな所迄、来たの?」と逆に聞く。

その内、「リコネクションの時間枠」は終了となって、他の「東洋医学の時間枠」の人達が、建物に入って来た模様で、僕らは、建物を出る事と、相成った。

帰り際に、友人や青年と歩いていると、マトリックス・エナジェティクスの創始者のリチャード・バートレット博士に出会い、突然声をかけられる。

僕は「リチャードさん、なんで、こんな所に居るんですか?」と思わず、聞いてしまう。

リチャード博士は「エリック・パールに呼ばれて来たんだよ。君も、さっき、感じただろう?リコネクションのヴァイブレーションは、明らかに、エリックを選んで来たんだよ。」とにこやかに少年の様なあのラフなあの人柄で、云われる。

僕は「リチャード博士だって、マトリックス・エナジェティクスに選ばれたんじゃないですか?」と思わず訊いてしまう。

リチャード博士は「ああ、勿論、そうさ。まあ、キャラクターが、全然、違うけれどもな。エリックはエレガントだろう?俺は、ぶっ飛んでいる方だからな〜笑」と、ゲラゲラ笑いながら、話すところが、とても、彼らしい。

リチャード博士は「ちょっと、君、マトリックス・エナジェティクスを、僕に、やってみてごらん?」と突然、云われて、慌てて、開発者ご本人にやってみる。

リチャード博士は「OK! 出来ているよ」「君のはシンプルに、本質を捉えているからOKだ!リコネクションも、よく出来ていたしな!」と、ガハハっと笑いながら、嵐の様に去って行きました。

僕は「久しぶりに、リコネクションの再受講でも、してみようかな」と、自然と思っていました。

思えば、こう言う世界に入ったのは「リコネクション」が最初で、それも、是非ともと云う訳でも無くて、ふと、角を曲がったら、ふと、出会ったんだっけ!と云う、感じで、まさか、こういう風に人生が展開するとは、全然、思ってもみませんでしたから。

それ以来、色んなものを学んで来たけれども、さっきの、エリック博士から「手を出してみてくれないかな?」と云われて、まあ、再伝授(再アチューン・メント)⁉︎

然も、本人前にしてのあの時の、あのカミナリの様なヴァイブレーションは凄かったな〜❗️

と、改めて、感じている。

然も、一番シンプルで、パワフル。

所謂、エネルギー・ワークの類いでも無いし、なんか、独特だし。いきなり、そんなものに最初から出会って、ある意味好かったよな〜とも思う。

パワフルなのは、他にもあるけれども、

なんだかんだ言っても「リコネクション」は、自分にとっては、とても、相性がとても好いし、美意識も含めて「素直に好きなんだよね!」と、素直に感じている自分が、其処にいます。

気が着くと、一面、帰り道の野原の牧歌的な風景は、綺麗な夕焼け色に染まっています。

気分は、とても、清々しく、気持ちも軽々としています。

(ここで、目が覚める)


●まあこんな感じで、夢の中で、伝授された訳です^_^


最期迄、お読みになって頂き、ありがとうございます。

感謝!

●ユニヴァース・ハンズ(公式HP)



●マルチヴァース・キングダム(公式HP)

0コメント

  • 1000 / 1000

We Let The Light Go!

BTTUセッション®、マルコニクス・ヒーリング、マルコニクス・リキャリブレーション、ユニヴァーサル・カウンセリング、リコネクション ® 、リコネクティブ・ヒーリング® 、を、提供させて頂いております、オムニヴァース・ロッジ (マルチヴァース・キングダム、ユニヴァース・ハンズ、)です。